1歳2ヶ月の娘が英語を理解し始めた!英語教育におすすめのDVD

1歳2ヶ月の娘が英語を理解し始めた!英語教育におすすめのDVD

今日は英語教育におすすめのDVDについて。娘は1歳2ヶ月の頃から、英語で話しかけた言葉を理解してくれるようになりました。

一番最初に覚えた言葉は「crap

そこから stamp / Stand up / Peek-a-Boo / elephant など色々なワードを覚えていき、1歳4ヶ月の今は30単語以上理解しています。

英語を教えるために私が実践した英語教育方法は、1歳1ヶ月頃〜私が晩御飯の準備をしている間に英語のDVDを見せるだけ(←英語教育って言うのか?)

ただ英語のDVDを見せれば良いという訳ではなく、DVDの選び方には自分なりのこだわりがかなりあって。

自分自身が英語を勉強した時(学生時代英語のテストで0点を取った私が、その後二年間の海外生活を一人で送る事が出来るようになるまで)に一番効果のあった方法を元に選びました。

今回はDVD選びのポイントを書きます。

Advertisement

DVDを選ぶ時のポイント

一歳 英語教育におすすめのDVD

集中できる長さ=10分

結局いくら英語のDVDを見せ続けたって、集中して見ていなければ全く意味がない。

特に幼児は目の前にある物に全神経を集中させているから、DVDを流しながらおもちゃで遊んでいたとしたらそれはもうおもちゃにしか集中してないんです。

大人でも集中して英語の勉強ができるのってせいぜい30分くらいだと思う。

一歳半くらいまでなら10

だらだら長く見せても無駄みたい。

10分前後のDVDを3〜4本見せるか、10分前後の短編がいくつか収録されたDVDが◎

ディズニー映画を英語で見せている親御さんも多いと思うけど、それはもう少し大きくなってからで良いと思う。長いからね。

 

日常的に使う英語が多い

個人的にはここが一番大事なポイントだと思います。

英語を勉強している時一番無駄だと感じるのが、こんな英語多分一生使わないわ!っていうような例文が多く出てくること。w

英語は、自分が過ごす日常の中で使う言葉から覚えていった方が何倍も習得が早いです。

自分の生活と結びつけて、実際によく使う単語やフレーズから少しずつ身につけていく。

例えば一歳児なら、歯磨き、ご飯、ねんねなど。自分が毎日やっていることなら子供にとっても理解しやすいし、その動作をする時に英語で声掛けをしてあげればより一層理解が深まります。

 

踊りや動きが多い

これは自分の娘が実際に英語を学んでいる様子を見ていて気がつきました。

なんとなく初めは色や食べ物の名前などから覚えるんだろうな〜と思っていたら、意外にも(?)動作から覚えていたこと。

冒頭にも書いたようにまずはcrapを覚え(テレビでたまたまcrapという言葉が出てきた時に娘が手を叩いたので、理解している事を知りました)、stampと言えば足踏みをし、Touch the skyと言えば上に手を伸ばし。

自分でやりたい事が増えてくる時期だからこそ、自分の体を実際に動かしてみる事に興味が湧いたのかも。

 

なるべくアニメ以外で!

人間が言語を学ぶ時って、耳だけで学んでいる訳ではないんですよね。話す時の表情、口元の動きなど、声以外のものからも多くの情報を得ている。

アニメだとそれらが見えないから、英語を覚えるのにちょっと遠回りする事になるんだよね。

日本語を覚える時でも子供はママが喋っている時の口元をよく観察しています。どんな口の動かし方をしているかな?って観察して、同じように動きを真似しながら言葉を話すようになっていくよね。

だから、ネイティブの人が身振り手振りを付けて表情豊かに話す映像っていうのが一番ベストなんだよね。子供が好む商材でそういう物が中々見つからないんだけどね・・

 

Advertisement

 

毎日繰り返し見る

子供がDVDで英語を学ぶ時に一番大事なポイントはこれ!同じDVDを毎日毎日毎日繰り返し見せること

そのDVDを見る事が生活の一部になるくらいに、毎日毎日見せること。というよりも、子供自身がそのDVDを気に入っていれば自分から見たがるようになるから、そこまで毎日のめりこめるDVDを探すっていうのも重要だね。

「ダメ」を100回言っても理解出来ないような時期に、数回DVDを見せただけで違う国の言語を習得できるとは思わない方が良いかも。

実際、娘の時も毎日同じDVDを見続け1ヶ月半程経った頃に「これが言葉の爆発期か」と実感するくらいに色々な言葉を理解しはじめました。根気良くいこう。

 

興味を持てるもの

私は学生時代に英語のテストで0点を取った事があるけど(←)、別に勉強が嫌いでも苦手という訳でもなく、単純にその頃は英語の面白さがよく分からなかった

だから興味を持って取り組む事もなかったし、自ら学ぼうとも思わなかった。

だからこそ、『興味を持つ』っていうのは本当に大切な事だと思ったよ。当たり前すぎるけどw

子供自身が興味を持てなければ、どんなに良い商材だったとしても時間とお金をドブに捨てる事になるよね。とにかく色々試してみて子供が興味を持てるものを探してあげられると良いね。

娘の場合はおさるのジョージ、スポンジボブ、ディズニーなど色々なDVDを試してみた結果、こどもちゃれんじEnglishがドンピシャでハマりました。しまじろうが好きなのと、選曲が好みみたい。

 

幼児は高い声が好き

小さい子供に話しかける時、大人は声を高くして話します。これは人間の本能として備わっている機能で、理由は赤ちゃんや幼児は高い声を好むから。

幼児向け番組の多くが高い声の女性や子供を起用しているのも同じ理由。幼児向けの英語教育商材を選ぶ時にも結構重要なポイントで、この点を見落としておさるのジョージを見せた私は見事に惨敗しましたw

低い男性の声のナレーションに娘は全く食い付かず。ジョージのウキーっていう声以外は全無視。笑 大人には聞き取りやすいんだけどね。小さい子にはやっぱり小さい子供の声や女性の声が好きみたい。

 

テンポの良さ

一歳児ほど飽きやすい生き物はいないと思う。一歳くらいの子が集中してテレビを見るには、テンポの良さと子供を惹きつける構成が重要!

カラフルで楽しいお歌が終わったら、今度はまた全然違う雰囲気の映像が流れ、次は子供が何人か出てきて‥みたいな感じで子供を飽きさせないよう次から次へと映像がくるくる変わっていくような内容だと、一歳児でもテレビに釘付けになって見てくれるよね。

幼児向けの英語教育商材ってこの点が良く考えられていると思う。

 

Youtubeでの英語教育

 YouTubeの英語動画を使って英語教育をしようと思っている親御さんも多いと思います。

これは私個人の意見です、サラッと聞き流す程度に聞いて下さい。

多くの英語教育のプロによって作られ、構成や使う単語までしっかり考えて作られている商材と、素人の方が個人で作っているYouTubeとでは雲泥の差があります。もちろんプロが携わって作られていYouTubeもあるだろうけど。

言語を学ぶ時に、無料で学ぼうとすると大きな遠回りをする事になります。

いい商材なら多少なりともお金は掛かる。ただ高ければ良いって訳ではなく、安くてもいい商材もあります。無料のものを選んで無駄な時間を使うより、お金では買えない『時間』を大切にしたほうが良い。

 

英語教育におすすめのDVD

上記の事を全部ひっくるめて考えてみると・・一歳ならトライアルDVDで十分!

むしろ、トライアルDVDの方が良いんだと思う。10〜15分程度にまとめられた一歳児に丁度良い長さ、短時間で教材の良さを伝えるために練り込まれた内容の濃さ、そして様々な内容を紹介するためにコロコロ変わる映像・・一歳児はイチコロです。

一歳 英語 DVD 英語教育

トライアルDVDは教材の良い所が抜粋されているてし、初心者にもわかりやすい内容になっているので初めて英語を学ぶ子にはぴったりなのよ。実際、うちの娘はトライアルDVDだけでかなり多くの英語を覚えました。

一歳のうちは色々な英語教育商材のトライアルDVDを毎日繰り返し見てある程度の英語を覚え、英語を少しずつ話し始めるようなったらそのトライアルDVDの中から子供が気に入ったもの、身になったものの英語教材を本格的に始めてみるのがベストだと思う。無駄な時間もお金も使わない最高の方法。

我が家で実際に使用したトライアルDVDと気に入ったポイントを書きます。

 

① こどもちゃれんじEnglish

初めて試した英語のDVDがこどもちゃれんじEnglishのトライアルDVD。まだ英語を勉強するには早いかな〜と1歳過ぎに軽い気持ちで試してみたら、これが驚くほど食いつきが良く!

英語のリズムの心地良さに気がついたのか、この後しばらく日本語のテレビを見てくれなくなりました。おかあさんといっしょも全然見ない。それなら今までテレビを見せていた時間を英語DVDに変えようって事で、これが英語教育を本格的に始めようと思ったきっかけ。

こどもちゃれんじEnglishは子供が喜ぶ楽しい歌と踊りが多く、このDVDを見せるととにかく喜ぶ。元々こどもちゃれんじを受講していた娘はしまじろうが大好きで、むしろ自分から見たがるし、DVDの時間はまだだよって言うと泣く事もある。。笑

先にも書いたように子供自身がすごく気にいるものがやっぱり一番良いと思うので、1歳半〜2歳まではこどもちゃれんじEnglishを始めてみる事にしました。

個人的に考えるこどもちゃれんじEnglishのデメリットは、日本語が多い所と出てくるちょっと英語が簡単すぎるかな〜という所。(1〜3歳くらいの子にはおすすめだと思う)教材の内容を吟味した結果、1歳向けだとちょっと簡単すぎちゃうかな?ってことで飛び級して始めましたw

 

② ディズニー英語システム(DWE)

全部揃えると100万円掛かる高級英語教育教材であるディズニー英語システム(Disney World of English)。こんなに高い英語教材って一体どうなってるのよ・・と気になって申し込んだトライアルセット。試してみてすぐ、これは確かに良いわ。と思いました。

正直ディズニー英語システムの全ての内容が気に入った訳ではないんだけど、いいなと思ったのはシング・アロング(日常会話や重要構文を歌詞にした歌が130曲入っているDVDで、歌を覚えただけで日常会話に繋げられる)と、ストレート・プレイ(映像を見ただけで言葉の意味を理解できるようなっているDVDで、DWEが開発したオリジナルプログラム)

特にストレート・プレイが分かりやすいみたいで、映像で流れる動作を真似して言葉の意味を理解しています。ママが日本語で意味を教えなくても、映像を見ただけで子供が自分で英語の意味を理解できるってすごいと思う。他の教材とは数段レベルが違うw 

ディズニー英語システムは簡単な英単語だけでなく構文がたくさん出てくるのが良い所。結局、英語を学ぶ時に多くの人が構文や文章の組み立て方で躓く(自分自身がそうだった)。だから日本語を習得している段階で英語の構文を学べるのは

ディズニー英語システムのトライアルセットにはDVDと別にCDが付いていて、このCDも反応が良かった。娘はもちろん、ちょこっと流しただけでテレワーク中のパパ(英語苦手)が仕事しながらこのCDの歌詞を丸暗記するくらい耳に残る歌が多かった。

 

③ ワールドワイドキッズ