実体験から考える子宮内膜症の原因。ストレスとの関係と辛い生理痛の治し方

実体験から考える子宮内膜症の原因。ストレスとの関係と辛い生理痛の治し方

自分自身が子宮内膜症を患った経験から、子宮内膜症の原因について書きたいと思います。

子宮内膜症の原因は、一般的には

①初経が早い

②妊娠した事がない・妊娠回数が少ない

③月経周期が短い(生理が来る度に症状が悪化する)

とされていて、近年は晩婚化や出産の高齢化が原因では?ともいわれています。

 

でも私はこれだけが原因ではないと思う。

実際、私自身初経も早くなかったし、生理周期も30日前後と普通だった。でも20代後半から突然生理痛が酷くなり、子宮内膜症と診断されました。

でも子宮内膜症を発症するまでの数年間の生活を思い返してみると、これが子宮内膜症の原因の一つだったのでは?と思い当たる節がいくつかあるんだよね。。

あくまで私自身の考えを書いているだけなので、茶飲み話程度に聞いてください。

 

Advertisement

 

子宮内膜症の原因

カフェインの摂取

私は子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間、それまでに比べて3〜4倍以上のコーヒーを飲んでいました。理由はコーヒーメーカーを貰った事がきっかけでコーヒーにはまっていたから・・

女性ホルモンにとってカフェインはあまり良くないという事はよく知られているけど、子宮内膜症をはじめとした子宮系の病気だけでなく、更年期障害にも悪影響である事が分かっているらしい。私はそれを知らず、その当時は一日に3杯以上コーヒーを毎日飲み続けていました。

それと、生理中のカフェインの摂取は特に良くないと聞いた事があります。実際、生理痛が酷くなり始めた頃は生理中にカフェインを摂ると痛みが強くなった。生理痛対策として、生理中はルイボスティーを飲むようにしたら痛みがかなり改善されました。酷い生理痛に悩んでいる人は試してみて。

 

生理中にお酒を飲む

カフェインと同様、アルコール自体女性ホルモンにはあまりよくないけど、生理中の飲酒は特によくないそう。実際、私自身も子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間は生理中でもよくお酒を飲んでいて、これが子宮内膜症の症状を重くさせたんじゃないかと疑ってる。

子宮内膜症を患った事に気がついたきっかけは生理痛が酷くなった事だったんだけど、生理痛が酷すぎる時は大抵生理中にお酒を飲んだ時だった。子宮内膜症とわかってからは、生理中の飲酒とカフェイン摂取は控えています。

 

体の冷え

とにかく薄着でした。毎日毎日。寒さの感覚ないのか?ってくらい、20代の時は常に周りの人より服が一枚少なかった。笑 元々暑がりだし汗っかきだし、自分では寒いと感じないんだけど、体は冷えていたんだよねきっと。

服装だけでなく、氷の入った冷たい飲み物を毎日飲んだり(夏場は常温の飲み物だけは今でも飲めないけど)体を冷やすと言われている南国のフルーツや小麦粉をよく摂取していた。だって好きなんだもん。

女性の体の冷えは子宮に悪影響だそうです。女の人ってやっぱり体は冷やしちゃいけないんだな・・特に腰回りと足は。そして内臓をダイレクトに冷やす事も控えた方が良い。

 

Advertisement

 

長時間同じ体勢でいること

これは子宮内膜症で掛かっていた病院の先生もおっしゃっていた事で、仕事などで長時間同じ体制でいる事も子宮内膜症の原因の一つと考えられているらしい。血流が悪くなることも子宮に悪い影響を与えるそう(子宮だけではないだろうけど)。

1時間に一回はトイレに行くだけでも良い、できればストレッチなどをして体を少し動かすことをおすすめされました。

そういえば子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間、パソコン関係の事業を立ち上げたばかりで一日中椅子に座ってたな。子宮内膜症ではなくても何かしらの病気に掛かるだろ、っていうくらいずっとパソコンに向かっていた。体に良い訳ないよね。

 

添加物・化学調味料・人口甘味料

子宮内膜症と診断された後、子宮内膜症の原因について片っ端から調べまくりました。その時によく目にしたのが「添加物・化学調味料などの摂取が子宮内膜症をはじめとする婦人病の一因である」という内容。

私はそれまで添加物や化学調味料について一切気にした事がなかった。食生活に無頓着すぎた。添加物や化学調味料が子宮内膜症の原因ですと言われたらそりゃそうでしょうと納得するくらい、20代の時は添加物まみれの食生活を送っていました・・

子宮内膜症を発症してからは、食品を買う前に食品の原材料欄をよく見てから買うようにして、外食も減らしました。早めに気付けて良かった。

 

上白糖を使用していた

白いお砂糖が女性ホルモンに良くない影響があるというのは近年では有名な話だけど、健康に関する情報に疎い私は長年上白糖を使い続けていました。特に子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間は前述のようにコーヒーをよく飲んでいて、そのコーヒーに毎回結構な量の砂糖を入れていた・・

子宮内膜症を患ってからは白い砂糖をやめ、黒糖やさとうきびを使うようにしました。というより甘いものをかなり控えるようになった。

 

大豆イソフラボンの摂りすぎ

大豆イソフラボンは女性ホルモンに良いと言われているけど、摂りすぎは婦人系の病気になりやすいといわれている事を知っていますか?私は好きな食べ物TOP3に入るくらい枝豆が大好きで、多分普通の人の5倍くらいの量の枝豆を食べてきたと思いますw

それが子宮内膜症の原因の一つでもあるかも?と密かに思っている・・もちろん大豆イソフラボンは体に良い物なんだけど、納豆を毎日食べたりするのは女性には果たして良い事なのか・・と考えてしまいます。

 

食の欧米化

食の欧米化というのも子宮内膜症の原因としてよく挙げられています。これだけが原因ではないだろうと思うけど。

私自身、子宮内膜症を発症する数年前に欧米に住んでいた時期があるのでこれも当たっているんじゃないかな。加えてよくお酒も飲んでいたし。

 

入浴剤

これはネットで囁かれている噂。入浴剤に入っている成分が、膣から侵入して子宮に悪い影響を与えるということ。(皮膚から吸収される毒の事で、「経皮毒」と呼ばれているらしい)

あくまで噂なんだけど、少し気になって。というのも、私自身子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間、入浴剤を毎日使っていたから。それまでは入浴剤ってほとんど使った事がなかったんだけど、その時期はやたらと使っていました。

お風呂のお湯が膣内に入る事もあるし、これはどうなんだろうか・・とその当時もたまに考えていた事を思い出します。あくまで噂なので何とも言えないけど。

 

香り付きのトイレットペーパー

もし仮に入浴剤が良くなかったとしたら、お花の香りなどのにおいのついた香り付きのトイレットペーパーも良くないのでは・・?と個人的に思っています。

毎日直接触れるものだし、良くない化学物質?が入っていたとしたら・・

入浴剤同様、子宮内膜症を発症するまでの1〜2年間は香り付きのトイレットペーパーも良く使っていました。それまではにおいのない普通のトイレットペーパーを使っていたんだけどね。

 

生理の時に毎回横になっていた

子宮内膜症の原因として、月経の血が腹腔内に逆流すること、それと因果関係があるのかはまだ解明されていないけど、本来は子宮のみにあるはずである子宮内膜が子宮以外に出来ることで月経血が増えるというのは良く知られているよね。

私は数年前に突然生理痛が酷くなり初めてから、生理が来るたびに毎回生理中はベッドで寝ていました。生理1〜2日目は一日中寝ている時もあった。もしかして、体を横にし続けている事で月経血が逆流したのか?(そんな事ないか?)

 

同じパートナーと長年付き合っている

これは本当に個人的な意見です。話半分で聞いて下さい。私を含め、子宮内膜症になった周りの友人には皆共通点があり、それは何年も同じ男性と付き合っていたということ。

子宮内膜症の原因が男性にあるという事は考えられないけど、同じパートナーと長く付き合っているという事には何らかの因果関係があるんじゃないかと思ってる。

子宮内膜症原因はストレスか

子宮内膜症の原因はストレスとも関係があるともいわれているようですが、これはまだ医学的な根拠ははっきりしていないそう。

ストレスが原因という事もあるにはある、でもそれだけではないのではというのが本音。。上記に書いた内容が積み重なって大きな原因になっているんじゃないかな、と思う。

私の場合、どちらかというと子宮内膜症を発症する前よりも、子宮内膜症を発症した後の方がストレスが多かった。子宮内膜症の症状として生理中以外も生理痛のような痛みがあるし、PMS(月経前症候群)も年々酷くなるし、生理痛の痛みは尋常じゃないし・・

それと私の場合は子宮内膜症性のチョコレート囊胞という卵巣が腫れる病気も併発していたんだけど、卵巣は女性ホルモンの機能を司っている器官だから卵巣が悪くなると自律神経や精神状態にも影響が出るそうで、とにかく毎日だるい&眠い&何もしたくないのオンパレードだった。

 

Advertisement

 

子宮内膜症を発症するまでの数年間にストレスが多かったかと言えば、自宅に缶詰で仕事をしていたので身体的なストレスは多少あったと思うけど、その仕事自体が趣味みたいなもので楽しんでやっていたので精神的なストレスっていうのは特になかったかなと思う。精神的なストレスよりも、体を冷やす・体に良くないものを摂取する・血流を悪くするなど身体的なストレスの方が問題だったのかな。

なにはともあれ、子宮内膜症の原因はまだ解明されていない事が多く、今も世界中で苦しんでいる人がいます。一人でも多くの人が楽になるよう早く原因が分かりますように。